ABOUT

HISTORY沿革

1950年〜

1950年(S25年)
機械部品高周波熱処理及び一般熱処理生産開始
1953年(S28年)
軌条の高周波焼入れ生産開始

1960年〜

1960年(S35年)
ロール等の機械加工生産開始
1961年(S36年)
樹脂ライニング鋼管生産開始
1962年(S37年)
大河内記念技術賞受賞(高周波熱処理による軌条の強化)
高周波誘導加熱によるベンディング鋼管の生産開始
軌条の高周波圧接開始
1963年(S38年)
川崎工場を新設
1969年(S44年)
明石工場を新設
ベアリングレースの曲げ及び焼入れ生産開始

1970年〜

1971年(S46年)
長崎工場を新設
大河内記念生産賞受賞(高周波誘導加熱による管曲げ加工)
1972年(S47年)
千葉工場を新設
1976年(S51年)
ブラジルにてベンディング鋼管及び樹脂ライニング鋼管生産開始
1977年(S52年)
財団法人日本海事協会承認取得(圧力配管用鋼管の高周波誘導加熱による管曲げ加工)
原子力の高周波誘導加熱応力改善工事(IHSI)開始
1978年(S53年)
国土交通大臣認可取得(建設業の塗装工事及び管工事)

1980年〜

1981年(S56年)
大径極厚小半径用高周波ベンディングマシン(HPB-30型)設備稼働
1983年(S58年)
日本工業規格(JIS)表示許可取得(鉄鋼の高周波焼入れ及び焼きもどし)
1985年(S60年)
直方工場を新設
1987年(S62年)
海外サイトベンディング加工を開始
1989年(H元年)
金属溶射生産開始

1990年〜

1990年(H2年)
韓国企業と合弁で株式会社明進エンジニアリング(MEC)を設立
1993年(H5年)
千葉工場内にプレファブ工場増設
1994年(H6年)
タンク類の内面ポリエチレン粉体ライニング生産開始
ボイラーチューブ溶射の技術開発
1995年(H7年)
東京事業所でISO9001の認証取得
1999年(H11年)
Tヘッド工法(鉄筋端部定着工法)の開発完成

2000年〜

2000年(H12年)
京浜事業所でISO9001の認証取得
2001年(H13年)
日本鋼構造協会業績賞受賞(増厚鋼管柱とワンサイドボルトを用いた鉄骨軀体システム)
2002年(H14年)
鉄筋端部加工技術(Tヘッド工法)が国土交通省の国土技術開発賞を受賞
2004年(H16年)
合弁会社「株式会社ナノセラピー研究所」を設立

2010年〜

2010年(H22年)
京浜事業所川崎工場(水江)を新設
同技術部、機器事業部、事務所棟新設
関西事業所でISO9001の認証取得
2011年(H23年)
「第一高周波工業管件(南通)有限公司」を設立
2013年(H25年)
ZET12型ベンダーマシンによる加工開始
千葉工場事務所棟新設
2016年(H28年)
直方事務所棟新設
ジャカルタ駐在員事務所設立
初期の工場内(創業年)
初期の工場内(創業年)
軌条焼入作業(1954年)
軌条焼入作業(1954年)
16型ベンダー(1966年)
16型ベンダー(1966年)
直管ライニング全景(1971年)
直管ライニング全景(1971年)
MEC工場竣工式でのあいさつ(1990年)
MEC工場竣工式でのあいさつ(1990年)
千葉工場プレファブ工場増設(1993年)
千葉工場プレファブ工場増設(1993年)
川崎工場(水江)新設(2010年)
川崎工場(水江)新設(2010年)
第一高周波工業管件(南通)有限公司(2011年)
第一高周波工業管件(南通)有限公司(2011年)