PRODUCT/SERVICE

CHARACTERISTIC OF PRODUCTバイメットの特長について

ボイラーの補修・メンテナンスによる稼働率低下を解消し、ライフサイクルコストの低減も可能にできる製品としてご紹介させていただいています、「DHFバイメット®」の特徴を詳しくご説明します。

DHFバイメット®製品の最大の特長は、自溶合金ライニングの形成に必要なフュージング(再溶融)処理工程をIHで実施する事で、これにより従来は、技術的に非常に困難とされた

  1. 1) ボイラー等大型機器での採用において、ライニング形成時の高い品質安定性と再現性の確保
  2. 2) IHによるフュージング曲げ加工により、大型実機の設計・採用への高いフレキシビリティ(対応性)
  3. 3) 用途に合わせた材質選定

が実現可能となりました。

溶射〜フュージング(再溶融)手順

溶射とフュージングのイメージ図

フュージングについて

フュージングには、ガスと高周波誘導加熱(IH)での二つのフュージング方法がございます。

 

ガスフュージング

IHフュージング

皮膜品質

気孔やスラグが残存しやすい

気孔やスラグ除去が促進され健全な皮膜

密着力

ばらつきが多く不安定

均一に拡散接合され強固(Fig-2)

膜厚

膜厚形成は不向き(最大2mm程度まで)

厚膜形成が可能(最大5mm程度まで)

母材への影響

加熱時間長く影響大

制御された短時間加熱で影響小

品質の安定性

人的作業で不安定

機械制御された作業で安定

Fig-1:水壁パネル皮膜断面
Fig-2:ミクロ写真(拡散接合)

現地溶射施工による皮膜の様子(気孔が多く、基材の腐食に繋がるリスクがあります。)

フュージング方法の違いによる皮膜の差

ガス炎加熱自溶合金皮膜
高周波誘導加熱自溶合金皮膜

他施工方法とDHFバイメットの違い

 

HVOF溶射

肉盛溶接

DHFバイメット

皮膜材質

Ni-Cr

インコネル625

Ni基自溶合金

希釈化

無し

有り(Fe;10~20%)

無し

皮膜厚み

0.2mm程度

>1.5mm

0.5mm~2.0mm

熱影響

少ない

有り

少ない

熱による歪み

少ない

有り

少ない

耐食性対策方法

不向き

良い

良い

耐摩耗性対策方法

良い

不向き

良い

密着力

70Mpa

450Mpa

400Mpa

皮膜硬さ(HRC)

>45

<40

>55

表面状態

微小凹凸あり

凹凸あり

滑らか

膜厚の調整

容易

やや困難

容易

設計の自由度

DHFバイメット®製品は、高周波誘導加熱を用いて溶射後の再溶融処理(フュージング)のみならず、管及びパネルの曲げ加工が同時施工できます。
写真の様に、いろいろな寸法形状に対応する事が可能な為、設計の自由度も増します。

CONTACTお問い合わせ

このサービスへの
お問い合わせはこちらから

このサービスへの
お問い合わせ・ご相談