NEWSニュース

2019.4.1

インフォメーション

マレーシアでのポリエチレンライニング事業について

DHFは、ASEAN地域における造船、石油化学・電力プラント向けを中心とした粉体ポリエチレンライニング鋼管の製造合弁会社を
マレーシアに設立することで現地パートナーと合意しました。

新会社は、DHF国内と同仕様の生産装置、PE樹脂を使用し、技術者派遣による品質管理により、
『DHF COAT PE』ブランドとして供給いたします。

これにより、海外での生産拠点は、第一高周波工業管件(南通)有限公司:中国100%子会社,
明進TSR:韓国出資関連会社に次いで3拠点体制となり、特にASEAN地域向けの防食鋼管に対する需要・ニーズに応えられる体制が整います。

【新会社の概要】

社名:SENAR DHF SDN. BHD.
所在地:マレーシア ジョホール州
資本金:460万MYR(マレーシアリンギット)
合弁出資比率:Senar Holding社(シンガポール)、Quantum Rubber社(マレーシア)56%
第一高周波工業 44%
営業生産開始:2019年7月(予定)